2012年12月

2012年12月25日

赤子、歩行器に乗る

まだ生後6ヶ月ですが、立ち上がりたい願望が強い赤子。
寝返りもハイハイもしないのに、つかまり立ちしそうです。
hokouki

そんな彼を見かねて、パパが歩行器を手作りしてくれましたとさ。
木製です。

フロアが土足なもんで、頂き物のシューズ(1歳半くらいからのサイズ)も履いてみました。デカいよ!

大喜び赤子たん!でも前に進む方法が分からなくて、後ろに進んじゃうの。



araland at 16:58|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 育児話 

2012年12月20日

どうせ飲むなら福島の酒

福島の酒屋さんから福島の地酒を買えば、少しは応援になるんじゃないかと思うんです。

福島のお酒って岡山ではあまり流通してないんですけど、サラサラ飲めて料理に合っておいしー♪

nihonsyu

うちは福島の地酒で ゆく年くる年。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/ichiishop/index.html



araland at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ヨタ話 

2012年12月19日

サンドバックを購入

絵画教室でサンドバックを買ってもらいました。
絵のモチーフではありません。
絵を描くために筋力アップが必要なのです。
box

・・・というのは嘘で、私のダイエット用です(笑)


以前、近所のボクシングジム女性専用クラスに通ってたのですが、妊娠してお休みしている間にジムが遠くに移転。
仕方ないので、絵画教室をジム化する事に(?)

さぁボクサーみたいに痩せるで~~!



araland at 11:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ヨタ話 

2012年12月17日

デザイン系で入試にデッサンが出る不思議

これは岡山県立工業高校デザイン科の推薦入試レベル相当の鉛筆デッサンです。時間は60分。
kogyo
画家でもないのに、なぜデザインを志す人の選定にデッサンが必要なのかなぁ。
見たままをそっくり書き起せる「画力」と、新しい物を創造する「クリエイティビティ」は別の物だと思うんですけど。
実際、デザインの現場で「見たまんまを絵に起こす」という作業は皆無だし。

新商品やアイディアのラフをササッとカタチにするくらいの画力はデザイナーにも必要ですが、その画力を育てる為には、じっくり物を見て長時間描くデッサンより、短時間でパパッと描くクロッキー(早書き)の方が適してると思いますし。

現実世界には「絵の苦手なデザイナー」が山ほど活躍してるんですけどねぇ・・・。



araland at 14:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0) お絵かき 

2012年12月11日

育児まんが「何でもぎゅむー」

itai

手に届くもの、なんでも掴もうとする。で、けっこう握力が強い。

んで、日本語が通じないから叱っても意味無し。


araland at 18:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 育児話