2015年02月05日

完全デジタル移行

musume仕事の絵はずーっとアナログ(手書き線画スキャン)&デジタル(Photoshop)で作業していたんですけど、やっとこさ完全デジタルに移行しました。
CLIP STUDIO PAINT EX(マンガ制作ソフト)を導入しました。
ちょっと最近、漫画の仕事が増えたもんで…。

タブレットで線画をするという事にずっと抵抗がありました。
手ブレ補正により誰が描いても同じ線になるんじゃないか?
個性が死ぬんじゃないか?
そこに魂が込められるのか?

…と思って描いてみたんだけど…けっこう手書きっぽい線が描けるね。うむ。
仕事には合理化も必要だし、ピシっとキレイに作れるし、これはこれでいいのかー。


もちろん「肉筆画」という価値は未来永劫の物だと思うので、仕事はデジタル、ライフワークの絵画はアナログで使い分けて行こうと思います。



araland at 23:00│Comments(2)TrackBack(0) お絵かき 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SAK   2015年02月20日 21:01
お、とうとう・・・なんですね。
そういえば昔からデジタルの線はずるいって言ってたような記憶があります。
(デジコミ本を出版した頃かな?)

誰が描いても綺麗な線が描けるというので飛びついたのですが
ようやくマシになった程度の私の線。
いくら補正があったって汚い線しか描けない私のような者もいますよーw 


忘れもしない、あららんの生原稿の美しさ。
一切ホワイト修正の無かった漫画原稿は今でも尊敬してます。
これからも仕事に趣味に頑張ってね。
2. Posted by 山吹あらら   2015年03月08日 12:56
わぁSAKさん、放置しててレス遅くてごめんなさい。

やっぱりデジタル絵ってのは物質的価値に乏しいとは思うので、まぁ仕事用だわなー、という感じです。
魂は入らんと思ってしまう。
印刷するんならアナログだろうがデジタルだろうが、どっちでもいいんじゃないかと思いますけど。

補正をかけると確かに奇麗な線にはなるんだけど、個性を殺さぬ程度に調整していかないと・・・ですねぇ。


コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。