なぜ絵が上手くなりたいのかこいのぼりを作る

2015年04月26日

小磯良平先生に勝手に学ぶの巻

20150425-2人物デッサンの日。今回は男性モデルでした。

 悩める青年の図ですよ~。
立ちポーズは難しいです。
等身が狂ったり体重が乗らなかったりするのがモロ判りなんだよなー。
 座ってる方がゴマカシが利きます。

 先日、小磯良平先生の絵画展を見てきましてね。
凄かったです。
ズバズバっと潔く、最初から狙って筆を置くんですね。
 「ああかなー、こうかなー、違うかなー」みたいな曖昧さがない。

 今回はそれを目指して、最初のアタリの時点から骨格のポイントとか陰影とかに着眼して描いてみましたよ。 当ったり前ですが、私が小磯先生に迫ろうなんて100万年早いわけですが、なんとなーく上手くいったような気がします。
小磯先生、ありがとう。
やはりいい絵を見るのは勉強になる~。

araland at 18:37│Comments(0)TrackBack(0) お絵かき 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

なぜ絵が上手くなりたいのかこいのぼりを作る