2015年06月27日

退園の危機、回避

保育園退園の危機ですが、なんとか回避できそうです。(下の子が生まれたら上の子が保育園を強制退園になるの件です)
色々と教えてくださる方がいらっしゃって、福祉事務所に3回通って、「保育が継続できます」との回答を頂きました。
ちょっと手続きがややこしかったので、誰かのお役に立てるよう、あとで顛末をまとめてアップしますね。

現時点で保育園が足りない。女性も働いて納税して貰わないと困るのに、保育園が足りない。
それは政治の責任ですが、「今」足りないんだから、「今」利用する私たちは足りない席を譲り合うしかありません。
きちんと育児休暇が取得でき帰れる場所のある正社員の方、世帯年収の多い方は席を譲るべきなのかも・・・とも考えます。非正規雇用やパート、求職中、貧困家庭こそ優先されるべき。
(ごめん、私は育休とれないし貧乏なので譲れない、ごめんなさい)



ただ、大人の都合でいきなり辞めさせられる子どもは可愛そう。
岡山市は3歳児以降も辞めさせられるからね(よその自治体は0~2歳児に限るところが多いらしい)。
発表会の練習を頑張ってた子とかが、いきなり辞めさせられたら・・・? もぅ可愛そうで。



所沢市など、この問題で訴訟が起きている地域もあります。
それに対して「主婦はちゃんと2人でも3人でも育児するんだからワガママ言うな」とか「待機児童もいるのに、自分の事しか考えてない」という意見を耳にします。
それ違います。
「今」訴訟を起こしても、「今」を変える事はできません。
未来のママ達の為にやってるんです。

2人目・3人目・・・と生めば生むほど優遇される世の中になる事を望みます。



araland at 09:01│Comments(0)TrackBack(0) 育児話 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。