2015年06月29日

下の子が産まれたら上の子が保育園退園の件(岡山市)

岡山市では、第二子以降を出産した場合、認可保育園に通う上の子が退園させられます。
よその自治体は0~2歳児に限るところが多いらしいのですが、岡山市は3歳児以降も退園です。
下の子が産まれた瞬間、保育認定のステイタスが「就労」から「出産(無職)」に変わって、保育資格を失うらしいです。

産褥期の体がしんどい時期に「上の子退園でーす」と告げられた時のダメージったらありません。
予め知っていて欲しいので、ここへ記します。検索して来られた人のお役に立てますように。

SKE

[退園の時期]
 出産日から8週間後の属する月の月末

[退園の理由]
 育児休暇取るんなら、自宅で上の子も保育をせよ。

[退園を回避する方法]
 育児休暇を取得しない(取得する人は強制退園です)。
 福祉事務所に相談し必要書類を貰い、保育園の方にも退園しない旨を主張する。
 労働してはいけない出産後8週間以降、就労証明を提出する。

[退園を知る時期]
 退園になる事を教えてくれるのは保育園からだと思います。
 岡山市から書面は来ますが、以下のような「支給認定書」が1枚ペラっと入ってるだけです。
 (保育理由と有効期限が勝手に変更になっているのに注意)
nintei


待機児童もいるので、育児休暇が取得できる正規雇用の方や、経済的に余裕のある方は席を譲るべきだとは思います。
ただ、復職した時に本当に保育園に戻れるのか不安ですよね。
聞いてみたら「認定時のポイントが高くなるので戻りやすいです」との事でした。
4月期なら入れそうな気がするけど、その他の月は怪しいなー、空きがなければ入れてくれないでしょうよ。

あと、3歳児以降の大きな子を、大人の都合でコロコロ転園させるのも可愛そうです。

保育園さえ足りていれば・・・・。
たいして納税してない私が言うのも何ですけど、何とかして欲しいです。



araland at 22:16│Comments(0)TrackBack(0) 育児話 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。